ぶらり芸人日記

“最近キテる”と評判の芸人、ペッパーボーイズ石本くんに話を聞いた

投稿日:

身近なお笑い芸人さんから聞いた話を、ゆる~く綴る『ぶらり芸人日記』。
今回は、どうも最近“キテるらしい”と評判の浅井企画所属ペッパーボーイズ石本しょーきくんです。

彼との出会いは2年前。
Podcast『僕たちの実り』の企画/編集に関わってから仲良くしてもらっています。この日は、インターネット配信のオカルト番組『恐味心震』の撮影ということで、挨拶ついでに軽くお話してきました!

 

芸人を目指したきっかけは「M」の間にあった?

――たぶんあんま聞いたことなかったと思うけど、そもそもなんでお笑いはじめたの?

石本:M-1グランプリ2007のキングコングさんですね。「台風レポーターのネタ」を見て“カッコいいな”って思って

――カッコいいって思ったんだ。どの辺が?

石本:2人がスーツ着て「M」の間から飛び出してくるのを見て・・・

――「M」の間から(笑)あー、番組の演出のことね?

石本:あーそうです、あの演出もそうだし・・・ハイテンポな掛け合いでドカーンと笑わせて去ってくキングコングさんが本当にカッコよかったんですよ!

――じゃ最初から夢はお笑い芸人だ

石本:いや、プロ野球選手が夢でした

――え、違うの?(笑)

石本:あ、少年野球やってたんです!まったく才能がなかったんで、すぐあきらめましたけど

――才能ないってどれくらい?

石本:それこそ、たま~に代打で試合に出させてもらう感じの。ボテボテのサードゴロがまぐれで内野安打になったりすると、「やった、ヒットだ!」みたいにコーチが褒めてくれるんですけど・・・あれってむしろ傷つくんですよね

――あー分かってたんだね、大人のそういう感じ

石本:分かってました。けど喜んだふりしなきゃだからガッツポーズして・・・心の中では「いやヒットじゃないし」って思いながら

――辛いねーそれは

石本:でもテレビで『中学校のときイケてなかった芸人』とかやってて。博多大吉さんも“捕虜”って呼ばれてたんだ、みたいな。そういうのを見て、僕も芸人になってそういうエピソードを話そうって思いました

 

はじめて会った前田は「スポーツ刈りにセーラー服」

――学校ではどんな立ち位置だったの?

石本:みんなの前でふざけるのは好きでした、演劇でボケ担当やったりとか。けど、中学の頃は野球部の先輩とかに「石本、ギャグやれよ」って言われてトラウマになったこともあります

――ギャグとかあったの?

石本:いやー、ただのムチャブリですね

――(笑)じゃ今と変わらないね

石本:ぜんぜん変わらないです。僕は普通に話してるのに、そういうところに自然に追い込まれるというか

――前田くんと知り合ったのは、当時のコミュニティサイトなんだよね?

石本:そうですね、高校生の頃お笑い好きが集まるサイトがあって。やり取りしてたらちょっと面白かったし、それに・・・この子ちょっといいなって軽い気持ちで

――それがまさか、“おなべ”だとは露知らず(笑)

石本:願わくば恋愛に発展しないかなと思ってました!(笑)

――(笑)実際に会ってみてどうだった?

石本:いや驚きましたよ!スポーツ刈りにセーラー服着てて

――え、スポーツ刈りにセーラー服!?(笑)

石本:はい、会ったのはハイスクールマンザイ(2009年スタートの高校生お笑い選手権)のときだった気がします、どっちもお笑いやってたんで。こっちは“ばぶりんぐ”って男女コンビで、前田は“たいぴ~えん”って女コンビですね

高校生の頃の石本くんと当時の相方
2010年 ハイスクールマンザイ九州地区でなんと優勝!

――あれ、石本くん男女コンビだったの?そんなの絶対付き合うでしょ、高校生なら余計に

石本:いやまったく何もないです!お互いの家泊まったりもしましたけど、ネタあわせのためだから。なんかそういうの良くないなーって

――へー(遠い目で)・・・ちなみに前田くんがおなべだっていつ知ったの?

石本:僕がアナ学(東京アナウンス学院)に行こうって前田を誘って、コンビも組もうって言ったんですよ。その後ぐらいですかね

――福岡から東京に出て来たぐらいだ。じゃ最初から前田くんと組んだんだ?

石本:いや、同じ芸能バラエティ科にいた大野(現 ヤマダイラー)とならキングコングさんのような漫才を作っていけると思って、コンビ組むのやめて

――(笑)自分から誘ったのに!?

石本:よく分かんないんですけど、その時はそう思っちゃったんですよね

 

僕がボケになってからスベんないです、エヘヘ

――じゃそっから別々のコンビ組むようになって?

石本:はい。僕は大野と組んで、前田は別の相方とやって。けど、お互いにうまくいかずに、やっぱり前田と組もうってなったけど・・・話し合いの結果、大野を加えたトリオになって

――それで3LDK(2年前に解散)になったのか

石本: そうです、丸3年やりましたね

――3人はけっこう期待されてたんだよね?ライブシーンでも評判良かったみたいだし

石本:浅井企画に入って1ヶ月くらいで事務所全体のライブで2位だったかな?獲ったり、1年目か2年目の頃に大阪の『漫才アワード』(毎日放送の漫才コンテスト)って賞レースで準決勝まで進んだりとか・・・けど、すぐ通用しないんだな~って感じました

――なんかきっかけがあったの?

石本:いやー番組のオーディションとかにもぜんぜん引っかからなかったんで・・・

――まったくハマらなかったんだ

石本:はい、まったく。それからいろいろ変えてみたりしましたけど・・・まぁいろいろとあって解散しました

――そっから前田くんと2人でペッパーボーイズになると

石本:もう丸2年経ちました。最初は僕がツッコミをやってたんですけど、ポンコツで使いものにならないって周りから言われまくって、仕方なく入れ替わったんです

――それよっぽどだよね(笑)

石本:でも、僕がボケになってから・・・スベんないです、エヘヘ

――(笑)なにちょっと自分“天才”みたいな

石本:いやいや、そういう意味じゃないです!!(笑)

――お笑いの世界でもボテボテのサードゴロ打って褒められたくないもんね

石本:そうです、そうです!やっぱりボテボテじゃなくてジャストミートしたいんですよ

 

目標はもちろん『冠番組』!・・・じゃない?

――今後の目標とかある?

石本:今って地元の友達にテレビ出るって言うと、すごい喜ばれるんですよ。それがなくなるくらいになりたいですね

――あーもう当たり前に出てる存在になりたいと

石本:はい、「また出てるわ」くらいの

――冠番組とかは?

石本:もちろんやりたいです!欲を出せば海外ロケに行きたいですね

――それ基本、スタジオにはいないね(笑)

石本:あ、本当ですね(笑)

 

最後に・・・

あれ?雛壇座ってるじゃないか!

しかもヒロミさんに、ドハマりしてる(笑)

頑張ってね、今後も応援してます!!

-ぶらり芸人日記

error: Content is protected !!

Copyright© 不滅のライティング・ブルース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.